albinoreddragonpeacock1s

初代ドイツ産アルビノから国産3代目以降に出現したアルビノ個体で、

より赤く真っ赤に染まったアルビノレッドドラゴン。

このオスを種親として2015年から多数の稚魚をとりました。

同じアルビノ個体でも様々な色彩パターンがあります。

黒目の青いピーコックたちと一緒の水槽で飼うと、目の悪いアルビノは餌とり下手で、

どうしても成長が遅れてしまいます。

なので、一緒に飼うときは、アルビノ個体は黒目個体よりも大きめな個体にすると同じ力関係になります。

アフリカンの混泳は常に力関係を考慮して、いじめられ個体を救い出さねばなりません。

 

 

このアルビノ個体は東南アジア産のアルビノピーコック(ヤコブフレイベルギのアルビノ個体)や

粗悪な改良品種ストロベリー、サッカーピンク、ピンクレディ(黒目・まだらオレンジピンク)

ピーコック等とは次元が違う美しさだと思います。

個人的にヤコブフレイベルギは、ドイツ産だとしても上品な美しさではないので、

あまり好きではありません。

 

ジョヴァイエペット写真館

http://joshua007.web.fc2.com/albinoreddragonpeacock.htm

The following two tabs change content below.
moriohne
岩手県盛岡市の熱帯魚ブリーダーです。古代貝アンモナイトスネイルを全国に広めた元祖ブリーダー&名付親。古代魚やグッピー、コリドラス、カエル、爬虫類等が好きです。特にアフリカンシクリッドのブリーディングに力を入れてます。